身体表現性障害とは

身体表現性障害は、患者様が身体の不調を訴えているものの、医療機関で検査等を行っても身体の異常が認められず、なかなかその状態が改善されない場合を言います。

内科などを受診した患者様が、その際に精神的な問題であるとされ、精神科や心療内科に紹介されてくることケースがよく見受けられますが、全てがこころの問題に限ったことではないと考えられます。私が脳神経外科の外来を担当している頃、体調不良を訴えている方で検査をしても異常が見つからない方の9割以上が脳神経外科領域に関係する症状を訴えていたからです。この場合、主に頭痛等を訴えて脳神経外科を受診された患者様に対して、頭部CTやMRIなどの画像検査を行っていたわけですが、それでも異常がとくに見つからなかったという方々が身体表現性障害という事になります(原因がわからないまま頭痛を繰り返す、慢性頭痛 など)。

ただこのような状況は、脳神経外科に限ったことではないと思われます。例えば、消化器症状を訴えた患者様が、消化器内科を受診し、詳細な検査をしても病変などの異常が見つからないということも少なくありません。そして、この場合は機能性ディスペプシアなどと診断されることもあります。

つまり、このような患者様が精神科や心療内科を受診されると身体表現性障害と診断されるというわけです。かつては、動悸や胸痛など、心臓病のような症状が起きている場合は、心臓神経症などと診断されていたこともありました。

なお身体表現性障害の原因はストレスなどによって引き起こされると考えられていますが、ストレスと一口に言っても様々な要因があります。代表的なものをいくつか挙げるとシックハウス、食品添加物、遺伝子組み換え、農薬、電磁波、放射能、気圧の影響、生理の関係、血流の関係、冷え、生活の乱れ、磁場の乱れ、栄養不足、不安・葛藤などの心理的なもの、などです。

ストレスとなる要因を全部明らかにしていくというのは、現代の医学では困難とされています。それでも何が原因であるかなど、医療従事者も患者様も常に学ぶ、気づくといった努力をし続けなくてはなりません。

KWメンタルクリニック
診療科目
心療内科、精神科
電話番号
03-6456-1420
所在地
〒130-0012
東京都墨田区太平3丁目4-8 KOIKE Bld.6F
最寄駅
JR「錦糸町」駅北口より徒歩5分
東京メトロ「錦糸町」3番出口より徒歩4分
※牛丼屋(すき屋)の隣のビルです。

診療時間

休診日:日曜、祝日、月曜、木曜の午前
※受付開始は診療開始10分前から
※受付終了は診療終了30分前です
日祝
9:00~13:00
15:00~19:00