自分軸と時間軸

自分軸をしっかりと持ちましょう。 自分が何者であり、どうありたいのかをしっかりと見極めるのです。 しかし自分軸を遂行していく時に、妨害が入ってくじけそうになる場合があります。 過去を引きずり、それが現在をもがき苦しめている場合です。 そんな時でも取り合えず過去は肯定しておきましょう。 吉川英治著の「…
院長

自分軸がぶれると、立ち眩みを起こします

「人という字は人と人とが支え合って出来ています」と言うのは一理はありますが、それでは「人は一人では立てないのか」という事になってしまいます。 幽霊には足が無いので、立ち眩みを通り越して浮遊しています。 私には「人」という字は、両足で人が立っている姿にしか見えません。 右脚と左脚が支え合って、人は立っ…
院長

土に始まり(四君子湯)、土に帰る(帰脾湯)

「天井桟敷の人々」という映画が、「フランスの「風と共に去りぬ」」と言われた事がありました。 しかし「風と共に去りぬ」のテーマは、「大地」なのです。 「七人の侍」のラストシーンでは志村喬が「農民は土と共にいつまでも生きる」、みたいなセリフを言いました。 中医学ではどこから手を付けるか判断に迷う場合、先…
院長

ベントラールヴェーガスナーブと ゲマインシャフトゲフュール

今回は奇を衒ってカタカナのタイトルになっていますが、ポリヴェーガルとアドラーを組み合わせたというだけのお話です。 先ず Gemeinschaftsgefühlを、勝手に不適切な目的の前に置いてみました。 そして共同体感覚、賞賛、注目、権力闘争、復讐、無力というスペクトルがあるとします。 同じく腹側迷…
院長

他力本願は、究極の自力本願か

8歳にして天涯孤独となった親鸞聖人は、次に死ぬのは自分の番であるという恐怖に怯えます。 その恐怖に打ち勝つために、8歳で出家して比叡山で数々の苦行を行いました。 しかしどんなに苦行をしてみても悟りは開けず、煩悩(死に対する恐怖)は残ったままです。 そこで比叡山を降りて京の都で、法然上人に出会います。…
院長

原因論の罠、目的と手段

 精神医学及び医学全体を批判的にみる立場では、現代西洋医学は対症療法に過ぎないという事になります。 しかし原因論で考えていると、症状は結果という事になります。 そして原因がわかっても、実際には症状は無くなりません。 すると症状をどうにかしたいという事になり、結局は対症療法になってしまいます。 しかし…
院長

おとぎの国のウクライナ侵攻

 子供の頃、世界名作劇場というテレビ番組がありました。 当時の関西に住んでいた方ならわかるでしょうが、番組はスポンサーであるパルナスのコマーシャルから始まっていました。 こんな感じで・・・・・ 「ぐっと噛みしめてごらんー。ママの温かいぬくもりがぁ、お口の中に染み通るよ~、パールナス。」。 そのあと「…
院長

法華経からミルトン・エリクソンへ

大阪ミナミの繁華街を歩いていたら、いつの間にか東京上野の繁華街に変わっていた。 という夢を見た事がありました。 今回は法華経の話をしていたら、またまたミルトン・エリクソンの話に変わっていたという内容です。 精神病院で勤務をしていた頃、症例検討会というものがありました。 そこで毎回議論されるのは結局、…
院長

山々が見える風景1

幼い頃、家の裏には秋葉山がありました。 物心ついた事から、山を見て育ったのです。 幼稚園の頃、和歌山市から岸和田市に移り住みました。 岸和田市の自宅からは恐らくは牛滝山、その後ろには葛城山が見えました。 泉大宮の駅からは、牛滝山に行くバスが出ています。 子供の頃、今は亡き父に連れられてそのバスで牛滝…
院長

自由連想法再考

今回は自由連想法がテーマなので、文章も自由連想法的に書かせて頂きます。 全てが性的な解釈になってしまうので、フロイトの精神分析理論そのものには賛同しません。 しかし自由連想法という技法自体は、日常の診察場面で使われているという事に気づきました。 診察で「調子はどうですか?」と質問すると、患者さんが「…
院長